« 鋭い次女 | トップページ | いよいよ外科の先生に受信 »

2008年6月 4日 (水)

入院の予約

最後に入院の予約をする。

と言ってもまだ日時が決まっていない。

ちょっと胃がんの手術は混んでいて、開業医から2つ予約が入っていて、、それが出来ないとか、なったら少し早まるけど、、

遅くても7月頭には、、出来たら6月の3週とか4週にはやってあげたい、、と言ってくださっているが、

個室を希望しますか?と聞かれて反射的に「個室しか開いてなくて早ければ。」と言ってしまった(笑)

老健施設じゃないからそういうわけじゃないわね。

差額ベットが2万くらいかかると聞いて「普通でいいです」

先生も「6人部屋でもたまにみんな退院すると個室になるしね」

この先生、後ろで看護師さんが彰かにせかしているがいろいろ話をしてくださる。

聞いてもくれる。人間関係を作ってくださると本当に安心しお任せしようという気になる。

セカンドオピニオンとかいろいろ考えていたが、10分話したところでもうこの先生がいいなと思っていた。

後で聞いたら夫も同じ印象だったらしい。

今日の会計はたくさんの検査でかなり恐れていたが6890円だった。

駐車場も長時間いたので500円と表示が出たが、採決で絆創膏と包帯を巻かれた私の腕を見てかわいそうに思ったかよって来て「いくら?えっつ500円は高いね、いいよもう出て」と200円入れたところで開けてくれた、

そんなことあるんだ(笑)おじさんありがとうm(__)m

なんというタイミングこの日の歌舞伎座は夜の部で帰宅してからも余裕で間に合った。

来週は月・火・水と検査が入ったが、来週の木曜は検査が入っていないので歌舞伎座の昼の部に行き、金曜日はB'zのライブに行こう。

|

« 鋭い次女 | トップページ | いよいよ外科の先生に受信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172789/21441234

この記事へのトラックバック一覧です: 入院の予約:

« 鋭い次女 | トップページ | いよいよ外科の先生に受信 »