« ついでに東大観光 | トップページ | 三回目の胃カメラは »

2008年6月30日 (月)

診察は10分

13時になっても喉の麻酔がとれずとても食べる雰囲気じゃないので、とりあえず31の外科で受け付けをした。

例の呼び出しマシンで院内どこに居ても大丈夫と聞き安心して丁度やってきた主人とレストランで昼食。

病人ではなくスタッフやお見舞いの健常者が食べるからお刺身定食からビビンバ丼からバラエティ豊かで料金も割りと安め。

院内の郵便局はちゃんとした局で、定期の預け替えとか主人本人がいかないとできない手続きとか出来てラッキーだった。

そうこうしている内にバイブがなって呼び出し。
結構離れていたが丁度セーフo(^-^)o

検査結果に基づき胃を取る手術を7月9日にお願いした。

リンパはやはり手術をしながら調べながらすると言うことで

部屋は空いたら入れて貰うという事で差額が幾らか心配だが

家族以外に保証人という事で内緒にしときたかったが弟にお願いしようかなーこういう時に公務員は便利だね(^^;

|

« ついでに東大観光 | トップページ | 三回目の胃カメラは »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172789/22062807

この記事へのトラックバック一覧です: 診察は10分:

« ついでに東大観光 | トップページ | 三回目の胃カメラは »