« 女子医大なら、、 | トップページ | 鋭い次女 »

2008年5月31日 (土)

がん経験者の知人から

高校時代の友人で30歳すぎに子宮がんを人間ドッグで見つけて手術したCの誕生日だったので、一瞬迷ったが「お誕生日おめでとう!大人の休日クラブで旅行しよう」というメールの後に胃がん宣告を報告した。

メールがきて「苦しかったこともあったかもしれないけど、、忘れた!」って

子供も小さかったし、若かったから私とは比べ物にならない不安だったに違いない。

私は検査で見つかったので99.9%大丈夫だったとしか聞いていなかったが。

日曜の朝電話がかかってきていろいろ話をしたら彼女は一人で抱え込んで当時頭真っ白だったらしい。

がんセンターにも行き、躊躇していたら「若いからどんどん進むから保証はしませんよ」とびしっと言われパニックだったらしい。

彼女によれば「病院を選んでも結局は執刀医し次第だから、、当たりハズレもある。とにかくさっさと切っちゃた方がいいよ」

「休養だよ休養」

やはり体験者の言葉は力強い。

|

« 女子医大なら、、 | トップページ | 鋭い次女 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172789/21656476

この記事へのトラックバック一覧です: がん経験者の知人から:

« 女子医大なら、、 | トップページ | 鋭い次女 »